介護職の転職を成功させるポイント

介護士転職

介護には不安がつきものです。
人間関係、夜勤、お給料、イジメなどなど・・・

このような不安や不満を抱えたままでは、よい介護が提供できないのではないでしょか。

もし現状に満足していないなら、いくつかの選択肢があると思います。

1つは退職です。
中でも完全に介護業界を辞めてしまう選択です。
こんなにストレスを抱えたまま、なぜ仕事を続けなければいけないのか。
一刻も早く介護職を辞めたい・・・
その気持ちもよくわかります。
いっそ、介護業界から身を引き、全く違う世界へ転身したいと言うキャリアビジョンを描こうとするのも無理は無い事かもしれません。

ただ、これはあまりオススメはできません。
介護業界を辞めても、次の就職先が見つかる保証がないからです。

介護業界以外の一般企業への転職は、それなりにハードルが高いと言えるでしょう。
一般企業で中途採用する場合には、即戦力の人材が欲しいので、当然ながら、経験者を優遇します。
そんな中、ある程度の年齢に達した人が、全く違う業界の転身を図ろうとしても、それを受け入れてくれる一般企業は多くないのが実態です。
介護職での経験は、一般企業への転職であまり評価されませんので、これまでの努力を無駄にしてしまう可能性が高いのです。
また、年齢制限や新天地の業界経験などが問われますので、非常に狭き門だと考える方がよいでしょう。
介護業界を辞めるというのは、それなりのリスクがあるのです。

辞めたい2

そしてもう一つの選択肢は、介護業界内の「転職」です。

もっと条件の良い介護施設を探して、自分のキャリアを生かしながらステップアップをしていく選択です。

介護職を取り巻く環境はまだまだ改善の余地があるという状況で、決して恵まれたものではありません。
しかし、年々高齢化が進み、介護の需要は高まっており、勤務先の選択肢が増えている状況なのです。

高齢者を支える割合は2010年には2.8人に1人だったのが、2015年には2.3人に1人、2025年には1.9人に1人と年々上がっていくと予想されています。
つまり、これは介護職員の慢性的な不足を示唆しているのです。
今後、介護施設は、今まで以上に能力の高い人材を集めるのに注力するはずです。

特に経験がある資格保有者(ヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士)は需要が高く、良い条件の施設を選択できる立場にあります。
どの介護施設においても慢性的な人手不足が続いているので、資格を持っていれば自分を高く売れるのです。
この状況をポジティブに捉えるべきでしょう。

しかし、注意も必要です。
近年の介護施設は、経営状態が二分化してきていると言われています。

財務状態がよく、人材育成にも熱心で、給与水準もいい施設。
そして、まったくその逆の施設。
介護施設の経営者の先見性や理念などによって、介護説の間の経営体力に大きな差が出てきてると言われています。
特に大規模に展開している施設と中小規模の施設の間の待遇格差は埋めがたいものがあるかもしれません。
現状でもこのような差があるので、ますますの高齢化の進展する今後は、その差が一層開いてくるかもしれません。


もし、あなたが介護施設への転職を考えているなら、当然、働きやすい介護施設を選びたいと思うでしょう。
しかし、実態はそう簡単ではないのです。

介護求人を探す際、多くは無料のハロワークで探すと思いますが、そういい条件の求人はありません。
また、タウン誌や求人誌も同様です。
掲載されてる条件に魅力を感じ、応募したものの、実際に働いてみると人間関係は滅茶苦茶。教育制度もない。
確かに給料はいいけど、サービス残業もあるし、夜勤で体力的にきつい・・・
そしてまた、介護職を辞めたいと思うようになってしまうというスパイラルに陥るのです。

つまり、自分に合ったよい求人というのは探し方が大切なのです。
探し方を間違えると、また転職を繰り返す事態になりかねません。

では、介護職転職で失敗しないためには、どうすればいいんでしょうか。

答えは・・・

「介護専門の転職サービス」を使うことです。

介護専門の転職サービスなら、キャリアカウンセラーがあなたに合った求人を個別に紹介してくれます。
もちろん、「自分のやりたい仕事ができるかどうか」を最優先にしてくれるので、満足度の高い介護施設に巡り会えるはずです。
そして「待遇などの条件面で希望に合っているか」という点も重視してくれますので、転職後のモチベーションも維持できるでしょう。

介護専門の転職サービスは、WEB上には公開していない「非公開求人」も多くあります。
多くの介護施設は、自社の採用状況を他社に教えたくないため、募集を秘匿したがる傾向にあります。
そのため、自社の求人を非公開にするのです。
インターネット上には、多くの介護福祉士やヘルパーの求人が掲載されていますが、本当の優良求人は非公開になっているので、介護専門の転職サービスへの登録が必要になるのです。

また、介護専門の転職サービスなら、経験豊富なキャリアコンサルタントがヒヤリングから条件交渉までをすべて完全にサポートしてくれますので、安心して転職活動に打ち込めます。
履歴書や職務経歴書の書き方。面接での対応など、転職は不安が多いと思いますが、介護専門の転職サービスであれば、これをすべて補完してくれます。
自分だけで対応すると不採用になりそうな求人でも、介護専門の転職サービスのサポートがあれば、採用確率が高まると言っても過言ではないでしょう。

さらに、求人は「正社員転職」「派遣」「紹介予定派遣」「新卒」とすべてのジャンルに対応していますので、希望の働き方が実現できると思われます。
もちろん、これらのサービスが完全無料です。

さらに言うと、介護専門の転職サービスは、「優良事業者」の求人であるかどうかも大切にしてくれます。
給与、休日、人間関係、教育制度など、多くの項目で評価されている介護施設を中心に求人を紹介してくれるので、安心できますね。

優良事業者とそうでない事業者の離職率は大きく違ってきます。
優良事業者であれば今後の運営方針の事情などが明確に示されており、そこで働く人たちが積極的にチャレンジできるような仕組みが備わっているため、辞める人が激減します。
もちろん人材育成にも注力しており、就業規則や給与体系、またはキャリアビジョンなどもしっかり整備されていますので、介護職員は辞めません。
このような点を重視して、求人を紹介してくれるのです。

もし、介護職として転職を検討しているのであれば、介護職転職サイトを使ってみることをオススメします。

button_001

介護職は、とてもハードな仕事であるため、多くの人が「辞めたい」と考えてるのではないでしょうか。
お給料が安く、夜勤などもあり体力的にも厳しいものがあります。
また、介護職員同士の人間関係だけでなく、利用者やその家族との人間関係もあり、とてもストレスが溜まるでしょう。

実際に離職率も高く、多くの人が介護業界を去っていってます。
また、他の介護施設へ転職を図る人も多くいます。

しかし、今の仕事がハードで不満があるからといって、安易に転職を考えてしまってはいけません。
一時的な感情で転職活動を始めても、おそらく良い結果にはならないでしょう。

自分は本当に何がしたいのか。
新しい介護施設への転身を図った上で、どんな介護がしたいのか。
どのような未来が描ければ、自分が満足できるのか。
このような理想とするビジョンを持ち合わせていなければ、転職によって良い結果が出せるとは限らないのです。

確かに介護職は、どの介護施設においても慢性的な人手不足が続いているために、どんな時でも転職がしやすい状態にあります。
さらに、今後益々高齢化が進展していくので、より一層介護職の転職は容易になっていくかもしれません。
しかし、簡単に転職をしてしまえば、転職した先でまた同じ不満を抱えるかもしれません。
そうならないように、きちっとしたビジョンを持って転職活動を開始してください。

介護転職を成功させるためのいくつかのポイントを以下に列挙します。
これを参考に、あなたの介護転職を成功に導くための絶対の法則を打ち立ててほしいのです。

680-130-1

介護転職で人生の再スタートを!

再スタート
あなたが介護転職を考えている理由は何でしょうか?

理由は人それぞれだと思います。
給料が安い、夜勤が嫌だ、人間関係に疲れた・・・など、100人いれば100通りの介護転職の理由が返ってくるといっても過言ではないでしょう。

介護職の転職理由を年代別に見てみると、 20代は「一時的に就いた仕事だから」や「今の介護施設に将来性が無いから」と言う理由が多いようです。
これは就職氷河期だったために、新卒の就職活動が納得いく結果ではなかったという心理が読み取れます。

30代は「年収を増やしたい」や「時間的にも体力的にも余裕のある仕事がしたい」といった理由が多くなってきます。
特に30代中盤以降になると、転職の機会が減ってくるために将来を見据えて安定的な介護施設で働きたいと言う思いが強くなってくるんだと思います。

このように介護転職の理由は、人それぞれです。
ただ、その理由がどうであっても、それがあなたのモチベーションを高める理由である事は絶対に必要です。
介護転職を通じて、あなたはどうなりたいのか。
新天地で何を得たいのか。
自分の中に明確な答えが用意されていないとすれば、あなたの転職活動は困難に直面するかもしれません。

能力があれば介護転職すべき

すぐに介護転職がしたいという人もいれば、いずれは転職がしたいという人もいるでしょう。
人によって置かれている状況は違うと思いますが、もし少しでも介護転職を考えているのであれば、もう一度冷静になって今の状況を振り返ってみましょう。

今の介護施設はなにがダメなのか。
なんのために転職しようとしてるのかをもう一度よく考えてみる必要があるのです。

今回の転職で、希望の介護施設に入ったとしても、もしかするとまた不満が出てくるかもしれません。
介護の仕事とは毎日の繰り返しになるため、どうしてもルーチンワーク化してしまい飽きてきてしまいます。
転職後、何年かすると「仕事が面白くない」「こんな仕事をするためにこの会社に入ったんじゃない」などという思いが湧いてくるものです。

そんな時、魔が差したように「転職したい衝動」にかられてしまうのです。
隣の芝は青く見えるものです。
他の会社にすれば自分の能力を発揮できるに違いないと思ったりするものです。
そのためにまた、介護転職をしたいと考え出してしまうのです。

しかし、こんな時こそもう一度よく考えてみるべきなのです。
本当に介護転職をすれば今の不満が解決できるのか。
今の介護施設にいたままで自分のやりたい仕事は本当に出来ないのかを改めてよく考えてみてほしいのです。

今の介護施設を辞めてしまうのは簡単です。
しかし、衝動的に介護施設を辞めてしまっても、あなたのキャリアプランが正しく描けるとは限らないのです。
介護転職をしたいと思う時こそもう一度足元を見つめ直してみましょう。

安易な気持ちで介護転職はできません

アメリカでは転職を繰り返すことでキャリアアップを図るのが常識になっています。
またより待遇の良い企業を探し求めて自らを作って売り込んでいく人がどんどん評価されていく社会的な背景もあります。

日本においても終身雇用制度が崩れ、能力のある人がより自分を評価してくれる会社に転身するのが当たり前になりつつあります。
それは、一般企業に限らず、介護業界でも同様です。

しかし、現状に不満があるからといって簡単に介護施設を辞めてしまおうとする人は、なかなか転職が成功しないという現実もあるのです。
転職は必ずしも自分の行きたい介護施設に入れるわけではありません。

当たり前ですが、採用試験があります。
安易な気持ちで今の介護施設を辞め、簡単に次の介護施設に採用されると思ったら大間違いです。

特に現状の不満が先行して転職を考えてる人は、転職先の採用面接で「この人を採用してもどうせ不満を持ってまた辞めてしまうだろう」と判断され、結果は不採用になる可能性が高いといえます。
売り言葉に買い言葉のような形で勢いだけで今の介護施設を辞めてしまっても、次の仕事が決まらなければ、生活することすらままならなくなります。
元の介護施設に戻りたくても戻れないでしょう。
転職は安易な気持ちで開始するととても危険です。
自分の能力の向上と並行して転職活動進めるべきなのです。

現状を冷静に分析

もしあなたが介護転職を考えているのであれば、 1枚の紙を取り出し真ん中に線を引いてみてください。
そして、その紙の左半分には「なぜ介護転職したいか」と言う理由を書いてみてほしいのです。
仕事への不満でも上司の悪口でも待遇の悪さでも構いません。
あなたが今不満に思っていることを見える化して欲しいのです。

そして次に右半分に今の介護施設の良いところを書いてみてください。
客観的な目で、会社や職場や仕事内容などの利点を見つめ直してほしいのです。

そして最後に左右を見比べてみてください。
転職したい理由が多ければあなたの意思は本物かもしれません。

しかし、右側が多く、今の介護施設の思いが強いとすれば、実はあなたは転職すべきではないかもしれません。
一時的な不満で転職を考えているのであれば、思いとどまるべきかもしれません。
現状を変える努力をせずに安易に転職に逃げているのとすれば、それはあまりオススメできません。

転職癖をつけない

現状の不満から衝動的に介護転職を考えてしまう人がいますが、これでは転職はうまくいきません。
転職先の介護施設の面接官の目は節穴ではありません。
ポジティブな理由による転職か、不満によるネガティブな転職かは単に見透かされてしまうでしょう。

また、万が一面接を通過できるとしても、ネガティブな転職であれば、新しい介護施設でもまた不満が出てきてしまうでしょう。
そしてまた転職をしようとするのです。
こうして転職癖がついていってしまうのです。

転職癖がついてしまうととても危険です。
転職は繰り返せば繰り返すほど条件が厳しくなり、あなたの市場価値を落としてしまいます。
いわゆる「履歴書を汚す」という状態です
そして、入職できる介護施設のレベルがどんどん落ちていってしまうのです。

こうなってしまうと、あなたは正しいキャリアプランを描けなくなってしまうでしょう。
給料も上がらず能力も身につかずただいたずらに年齢だけを重ねていってしまいます。
これが介護転職の典型的な失敗例です。

介護転職に成功する人

もちろん、介護転職に成功する人もいます。
自分のやりたい介護を見つけ、それが実現できる介護施設に挑戦して、その意欲を買われて相思相愛のまま入職するパターンです。
そして入職後も能力を発揮し、自分の夢を実現しながら、キャリアプランを描いていくというストーリーが最高のシナリオでしょう。

このような人は介護転職する意味や目標を明確に持ち合わせています。
転職先で嫌なことがあっても、不満に思わず、まずはじっくり取り組んでみる。
そして、気に入らない仕事であっても、自分が楽しめるように創意工夫をしてみる。
このように転職や新たな職場を客観視できるような人は、転職を成功できる確率が高いといえます。

そのためにも「本当の自分はどんな介護がしたいのか」を徹底的に考え、その答えを持っての転職活動の開始が何より重要になるのです。
こうした目的意識をはっきり持った転職は、面接でも評価が高く、企業側も採用しやすくなります。
また入職後も周りの人がサポートしてくれやすくなるでしょう。
介護転職を成功させるためには、やはり明確な意思が重要なのです。


介護転職で何がしたいのか

転職でなにがしたいか
介護転職にとってとても重要なのは「現状の認識」と「変革への意欲」です。
つまり、「介護転職で何を実現したいのか」が何よりも重要になってくるのです。

例えば面接で「なぜ転職するのですか?」と聞かれたとき、「介護施設の評価が低いから」とか「なんとなくもっと自分に合う介護施設があると思う」とか「今の給料が安すぎる」といったような現実逃避型の理由を述べているようであれば、それはあまりに稚拙と言わざるを得ないでしょう。
あなたが転職せざるを得ない個人的な理由など企業にとってはどうでもいいのです。

それよりも、「こんな介護がしたいからどうしても介護業界内で転職がしたい」や「自分ならこんな介護を実現できる」という変革への強い意欲があれば、採用担当者は必ずあなたを評価するでしょう。
介護転職とは新たな自己実現です。
そして、それが相手先の介護施設にとってのメリットに直結している事実がとても重要です。
このWin Winの関係が成立してこそ、介護転職は成功できるのです。

介護施設は何を求めてるのか

介護転職はあなたの意志も重要ですが、何より重要になるのはこれから受けようとする介護施設の意向です。
一般的に介護施設が中途採用の募集をするのは、欠員補充か業務拡大のための人員増強かのどちらかと言えるでしょう。
欠員補充であれば、当然即戦力が欲しいと考えるでしょう。
一方、業務拡大の場合であれば、募集人数は比較的多くなり、それぞれの個性を重視し、若い人の可能性に賭けてみようと考え、年齢も若い人を中心に採用することが多いかもしれません。
当然、ポテンシャルがあれば、未経験でも採用する可能性が大いにあるのです。

あなたが介護転職を考える場合、受けようとする介護施設がどのような状態で中途採用しているのかを知っておく必要があるでしょう。

ただ、欠員補充であっても業務拡大であっても、人間的なポテンシャルやビジネスマナーや社会的な常識があるかというのは必ず見られる点です。
中途採用の場合、その中心は20代~40代になることが多いと思います。
そのため、スペシャルな能力は求められません。
それよりも最低限の能力と伸びしろ重視するのです。

あなたのウリは何か

漠然と介護転職活動を進めるのは非常に危険です。
介護転職活動とは、あなた自身があなたを売り込む活動です。
そのためにはまず、自分が何者であるかを知っておく必要があるのです。
当然、自分の棚卸しをして、正しく自己分析をした上で、本当にやりたい仕事を明確にして転職活動開始してください。

自分が周りの人よりも優れている能力はなんなのか。
それを仕事でどう生かせるのか。
そして、それが介護施設どう貢献できるのかというストーリーが描けなければ、あなたは自分を正しく売り込めないでしょう。
まずは何より、自分自身の長所と短所をしっかりと把握することから始めてください。

自分の短所も認める努力

介護転職活動では、自分の長所ばかりではなく、短所の把握もとても重要です。
困難に直面したとき、自分はどういう行動するのか。
これまでどう振る舞ってきてしまったのかを把握しておき、自分の弱点として意識しておくことは、転職後に生きてくるからです。

今までの人生を振り返ってみて、やってきたことややりたかったけど出来なかったこと。
やりたくなかったことやうまくいかなかったこと。
そして、たくさんの失敗の経験を紙に書き出してみてください。

そして、そのときの心境や自分の行動を詳しく分析してみてください。
その中から自分の短所を炙り出せるはずです。
そして自分は何が苦手なのか。
苦境ではどう行動するのかを理解しておいてほしいのです。

短所がない人はいません。
短所は決してマイナスにはなりません。
ただ、それを正しく理解していないことが問題になるです。
得手には磨きをかけ、苦手は少しずつでも克服していく。
この姿勢をアピールできれば、あなたの短所はむしろ長所に変わっていくでしょう。

自己分析の重要性

なんとなく転職を考えている人の中には、「やりたいことがわからない」と言う人も多くいると思います。
なぜそのような状態になっているのでしょうか。
それはやはり、自己分析ができていないからです。

自分が何者かであるかが理解できていないため、本当の心の声に気づけないでいるのです。
本当に介護転職を成功させたいのであれば、何より自分を知ることがとても重要になってくるのです。

もちろん、完全に自分を理解している人などいないかもしれません。
誰でも自己分析には曖昧さがあり、なんとなくぼやけていても不思議ではありません。
なので、完璧な自己分析ができていなくても転職は不可能ではありません。
しかし、ある程度の自己分析ができていない人は、介護転職を急がないほうがいいでしょう。
もう少し時間をかけて、自分自身を見つめ直した方がいいかもしれません。

夢を思い描く

もし自己分析をしてみたいと考えているのであれば、まずは自分の夢を漠然と思い描いてみてください。
夢というとあまりに大きい概念だと思うかもしれませんが、夢=自分のやりたい事と考えるとイメージしやすいかもしれません。 
そこには自分なりの価値観があり、今後のキャリアプランの基礎があるはずです。
そうすれば、どんな介護施設で働きたいのか。
また、どんな介護施設のどんな部署で活躍したいのかという方向性は見えてくるはずです。

もし、今大手の介護施設に勤めていて、その中の歯車としての自分に辟易している人がいるとします。
そのような人は、もしかすると小規模の介護施設の方が活躍の場があり、自己実現ができるかもしれません。
世間一般から見れば、失敗した介護転職と映るかもしれませんが、実は本人の満足度は非常に高いかもしれません。
介護転職の失敗の基準は1つではありません。
たとえ給料が下がっても、休日が減っても、満足度の高い転職は存在しています。
成功か失敗かは他人が決めることではありません。
あくまで本人の夢と価値観に沿ったものであるから重要なのです。 

自分が何者であるかを20個ほど書き出してみると良いでしょう。
箇条書きにした自己紹介みたいなものとお考えください。
これが書き出せれば、あなたがどこを向いていて、どの方向に進みたいかがわかってくるはずです。
まずは自己分析の第一歩としてはとても有効な方法でしょう。

680-130-1


ネットで介護転職活動

ネット転職
求人情報を入手する方法がいろいろありますが、最近最も使われているのがインターネットでしょう。
これまで在職中に介護転職活動しようとすれば、ハローワークに行ったり、求人広告を探したり、仕事中に会社を抜け出して電話で調整したり、休みの日に履歴書を書いたりと、何かと負担がかかったものです。
しかし、ネットで転職活動すると平日の深夜でも自宅で求人を探せたり、簡単にレジメを提出できるなど、自宅にいながらほとんど手間をかけずに簡単に転職活動ができるのです。
また、近年ではスマートフォンを使えば通勤中であっても簡単に求人を検索できます。
そして、その場からエントリーできるなど、その利便性は非常に高まってきています。
忙しい人ほどネットを使った介護転職がオススメなのです。

このように求人を探せますし、気になった会社があればホームページの検索できます。
さらにエントリーもでき、その後の担当者との連絡もすべてメールで完結します。
最近では、求人を出すのはインターネットだけと決めている会社も多いようです。
また、ライバル社に自社の求人情報がバレないよう、登録した会員だけが見られる「非公開求人」としてインターネット上に掲載する事例も多く見られます。

あなたに合う介護転職サイトを選ぼう

インターネットを利用して転職活動しようとする場合、どのようなサイトを使えばいいのでしょうか。
その種類は大きく分けると2つあります。

1つは「転職情報サイト」です。

そしてもう1つは「転職エージェント」のサイトです。

転職情報サイトとは、介護転職希望者に向けて求人情報を発信してくれるサイトです。
個人情報登録しておけば、最新の求人情報をメールでお知らせしてくれるところもあります。
転職情報サイト見ると、最新の介護職求人が数多く掲載されていますが、実際に公開されている介護職求人は全体のごく1部です。
実際にはほとんどの介護職求人が非公開となっているため、このサイトに個人情報を登録し、会員だけが見られる非公開求人にアクセスできる状態を作っておくことが何より大切なのです。

転職情報サイトを運営する会社は、新聞社系や転職情報誌系などがメジャーで、このようなところは業種や年齢を問わず、総合的な転職情報サイトとして運営されています。
一方で、ベンチャー系を中心にスペシャリストに向けた専門サイトもオープンされていますので、自分の希望する転職スタイルにあった介護転職情報サイト使うと良いでしょう。
理想は「総合転職情報サイト」と「特化型転職情報サイト」の併用だと思います。

介護転職エージェントの活用

介護転職エージェントとは、介護転職活動を支援する人材紹介会社のサービスです。
介護求人情報を提供する転職情報サイトとは違い、一人一人の介護転職を完全にサポートしてくれるという特徴があります。
人材紹介会社とは、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣の認可を得た民間の職業紹介斡旋会社です。
広く「介護転職エージェント」と呼ばれ、 20代から40代を中心に多くの介護転職希望者が利用するサービスとなっています。

介護転職エージェントは、介護転職希望者に対して担当者が付き、マンツーマンで履歴書や職務経歴書の作成アドバイスや模擬面接などをやってくれ、さらに希望や適性に応じて最適と思われる介護施設をいくつも紹介してくれます。
つまり、 介護転職希望者と募集介護施設の中間に位置し、それぞれの意向を汲み上げ、うまく交渉し、適切な落としどころ探してくれる役割を担ってくれるのです。
そこまで献身的に尽くしてくれますが、基本的に介護転職希望者から相談料やサービス料を取りません。
介護転職エージェントのフィーは、募集介護施設側から受け取るので、転職希望者への負担はないのです。
また、介護転職エージェントを使ったからといって、必ず介護転職しなければいけないという事はありません。
さらに、介護転職エージェントを使っても、必ず介護転職が成功するわけではありません。
最後は転職希望者の能力と採用する介護施設側の意向のマッチングです。
そこが保証されているわけではないので注意が必要です。

応募の仕方

介護転職情報サイトや介護転職エージェントのサイトを閲覧するだけなら簡単にできますが、そこに登録するのであれば、個人情報を入力し、正式に会員登録する必要があります。
個人情報の入力に抵抗があるかもしれませんが、転職情報サイトや転職エージェントは上場企業中心に信頼性の高い会社が多いので、個人情報が漏洩したり、内緒での転職活動が今の会社にバレることはありません。
そして、個人情報登録した後は、履歴書や職務経歴書を作成するなどし、転職の準備を進めていきます。

介護転職情報サイトや介護転職エージェントを有効に活用するためには、そのサイト閲覧するだけではなく、会員登録をして、非公開求人を確認したり、介護転職エージェントのアドバイスを受けることが大切になります。
これにより本当に自分にあった求人を紹介してもらえ、さらに数々のサポートを受けられ、その介護施設への採用の確率が格段に上がっていくのです。
このようなサービスが、基本的には全て無料で行えますので、これを使わない手はないと思います。

コミュニケーション能力の重要性

コミュニケーション能力
介護転職する際に必ず通過しなければいけない関門は「面接」です。
中途採用の場合、筆記試験を行わない介護施設は多くありますが、面接を行わないという介護施設がまずないでしょう。
どの介護施設も必ずと言っていいほど面接行なわれます。
そして、採用の合否に占めるウェイトも面接は最も大きいといっても間違いはないでしょう。

では、面接試験を取るために何が必要かといえば、それは「コミュニケーション能力」です。
採用担当者(面接官)の質問の意図をよく理解し、相手が期待するような回答を自分の言葉で話すのです。
質問の内容を理解せず、また質問の内容に全く関係のない答えをする人がいます。
これでは、相手は面食らってしまうでしょう。
当然自分の期待した答えが返ってこないわけですから、「この人はコミュニケーション能力がないな」と判断されても仕方がありません。

面接は経験が重要

コミュニケーション能力を向上させるには、何より経験がいちばん大切になります。
最初は緊張してしまい、うまく回答が出来ないかもしれませんが、何回か面接を重ねていくうちに自然な受け答えができるようになってくるのです。
重要なのは、失敗に学ぶという姿勢です。
最初は緊張していても、次は緊張している自分に気づけるでしょう。
そしてその次は、その経験を生かし、失敗しない自分を見つけ出せるはずです。
このように、失敗から学び、その経験を次に生かせれば、必ず手応えがある面接ができるようになるはずです。

面接では見た目も大切

コミュニケーションの中で重要になるのは、声と見た目です。
実は面接官は話す内容だけを見ているわけではありません。
それよりも声のトーンや面接での立ち振る舞いの姿を凝視しているのです。

そして、髪型やスーツの姿や靴の汚れ具合など、総合的な容姿をみて、どのような人間顔判断しようとします。
髪はボサボサ、スーツはしわくちゃ、靴は泥で汚れている。
そして声は小さく、暗い印象。
もし、こんな人がいれば、どんなに良い受け答えをしても面接を通過しないでしょう。
筆記試験の点数がよく、話している内容から頭の良さが伝わってきたとしても、自分の容姿に気が配れないんだとしたら、その人は一緒に働きたい人ではないと言う評価を得てしまうでしょう。
そうならないためにも、姿勢、服装、顔の表情、動作、話し方などに十分気を使い、総合的に評価の高い自分の演出する必要が出てくるのです。

転職成功

介護転職成功チェックリスト

  • 1つの介護施設で仕事をやりきったといえる経験がある
  • 自分のキャリアについて相談できる先輩が社外に3人以上いる
  • いろいろな経験をさせてもらった今の介護施設には感謝している
  • 自分の売りとなる専門性についていつもよく考えている
  • 介護施設内の勉強会やセミナーなどに積極的に参加している
  • 今の介護施設で自分のやりたい仕事を担当させてもらえている
  • 介護転職に失敗してしまった自分の姿のイメージできている
  • いったん目標決めたら必ずやり遂げる
  • 自分の価値が高められる資格取得にチャレンジしている
  • 管理業務を担当するなど、介護施設の中枢部門に在籍していた
  • 日ごろから介護転職についての情報収集をしている
  • 介護転職により自分のキャリアビジョンを実現したい
  • 今の介護施設では自分の理想とするキャリアパスがない
  • 常に新しいことにチャレンジしたい
  • 自分の進めたい介護施設やキャリアビジョンが明確にイメージできている

button_001

スマイルSUPPORT介護
介護分野の総合人材サービスで、職業紹介、紹介予定派遣、派遣、新卒・第二新卒紹介すべてをサポートします。経験豊富なキャリアコンサルタントが担当し、希望条件や要望をもとにお仕事を紹介します。面接の日程調整や条件交渉もサポートします。
スタッフサービス・メディカル
介護・看護・医療事務のお仕事情報サイト
「派遣スタッフ」「紹介予定派遣」「正社員・契約社員」「パート・アルバイト」などさまざまな雇用形態のお仕事情報をアップしています。
介護福祉の転職なら『カイゴジョブ』
上場企業が運営する「カイゴジョブ」は月間利用者が40万人以上の介護従事者が利用する国内最大級の求人サイトです。マザーズ上場の安心企業が運営しており、求人は4,000件以上なので、あなたに合った求人が見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加